特許業務法人 iPLAB Startups

〒106-0032 東京都港区六本木7-3-16  六本木インターナショナルアネックス 301号室

最寄り駅: 

都営大江戸線  六本木駅 より徒歩10分

東京メトロ日比谷線 六本木駅 より徒歩5分
東京メトロ千代田線  乃木坂駅 3番出口より徒歩約3分

© 2018-2019 iPLAB

特許業務法人 iPLAB Startups

​代表パートナー

弁理士(M.Sc.)

中畑  稔

Minoru Nakahata

株式会社 DRONE iPLAB 代表取締役 社長
株式会社 エアロネクスト 取締役CIPO​

​経歴

横浜市立大学大学院理学専攻、理学修士(M.Sc.)特許事務所に入所後、弁理士資格取得。国内・外国実務に幅広く従事。2013年、株式会社コロプラに入社。社内発明創出を仕組み化し特許出願件数を驚異的に増加させた功績により社内MVPにノミネート、知財部門を創設。東証1部上場後に退職。その後、株式会社FiNCにSeries Bより参画、知財部門を創設。

2017年、ドローンファンド設立と同時に直轄の特許管理会社である株式会社DRONE iPLABを共同創業、株式会社エアロネクストをグループ化し同社取締役CIPOに就任。「技術によって市場を創造し、知財によって産業を育成する」を理念にDRONE iPLABの仕組みを全産業セクタに導入するiPLAB Startupsを共同創業。スタートアップの知財支援に特化した特許業務法人iPLAB Startups 代表。平成30年度から経済産業省 産業構造審議会臨時委員に就任。特許庁WG委員。

​代表パートナー

弁理士

影山 剛士

Tsuyoshi Kageyama

 株式会社XR iPLAB 代表取締役 社長
株式会社NEST iPLAB 代表取締役 社長

​経歴

University of London, Queen Mary College, MSc Management of Intellectual Property 修了。2001年より10年間、日立製作所にて知的財産業務に従事。その間、米国に出向し、米国グループ会社及び研究所の出願・権利化業務を始め、現地知財業務全般を担当。帰任後、日立グループの知財/ 標準化戦略に従事。2011年、株式会社DeNAにて知財組織の立ち上げ、知財戦略の策定・実行を担う。2014年、米系企業にてライセンス事業に従事。

2018年、iPLAB Startups を共同創業。特許業務法人iPLAB Startupsパートナー。VR/AR分野に特化した株式会社XR iPLAB代表取締役。

2019年アジアのスタートアップの知財を支援するNEST iPLAB代表取締役に就任。

​弁理士

河野上 真緒

Mao Konoue

​経歴

学習院大学法学部法律学科卒業。都内大手特許事務所にて外国特許・意匠出願実務に従事した後、商標部門に移動。海外案件を幅広く取り扱う。その後、海外実務の経験を活かし、WIPO(世界知的所有権機関:本部スイス・ジュネーヴ)の日本事務所に入所。世界の知的財産制度に関し、特に特許協力条約(PCT)に基づく国際出願制度、意匠の国際登録に関するハーグ協定に基づく国際出願の普及のため、大手企業に対して多数の研修を行う。スタートアップの海外進出時の支援を行うべく、特許業務法人iPLAB Startupsに参画。

​弁理士 (Ph.D)

澤井 周

Shu Sawai

​経歴

東京大学工学部産業機械工学科卒業、同大学修士課程修了。大手素材メーカー勤務後に東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻博士課程に進学。日本学術振興会特別研究員として機械材料に関する研究業務に従事し、博士(工学)を取得。2014年に都内特許事務所に入所。機械、自動車、金属・無機材料、情報処理、IoT関連分野の国内・外国出願権利化を担当。2016年、在所中に弁理士試験合格。2017年弁理士登録。2017年よりクライアント知財部へ出向。発明発掘、出願権利化、知財企画、知財戦略支援、研究者への知財教育等を担当。新製品・新事業モデルを見据えた知財戦略・特許網構築の支援に尽力した。2019年、出向契約終了と同時に都内事務所を退職。R&Dと事業戦略とに密接した知財支援をさらに進めるべく、特許業務法人iPLAB Startupsに参画。

​弁理士 (元特許庁審査官)

吉野 涼

Ryo Yoshino

​経歴

東京大学大学院 農学生命科学研究科修了。2013年に特許庁に入庁後、特許審査官として化学系の審査に4年半従事。2017年、在庁中に弁理士試験合格。その後、総務部企画調査課ベンチャー支援班の初代係長として、初の知財アクセラレーションプログラム(IPAS)の立ち上げなど、特許庁のベンチャー支援施策の企画立案を次々に行う。スタートアップ支援イベントの企画・支援を多数実施し、2018年IVS(Infinity Ventures Summit)へ史上初の特許庁長官のセッション参加を企画・実現。ベンチャーの知財支援を更に広げるため、2019年、特許庁退職。特許業務法人 iPLAB Startupsに参画。

坂本 真一郎

Shinichiro Sakamoto

​経歴

東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程単位取得退学。2005年、リバネス入社(2人いる第1号社員の1人)。研究開発事業部を立ち上げ、研究者の研究時間を確保することを目指してバイオ系受託サービス「BioGARAGE」を開始。その後メディア開発事業部、地域開発事業部、人材開発事業部を経て2012年より執行役員に就任。研究者の研究環境を改善することを目指して2008年に「リバネス研究費」事業の立上げ、2015年には研究者のアイデアデータベース「L-RAD」事業の立上げを実施。また2008年から武田薬品工業と連携して創薬事業の魅力を伝えるビジネスシミュレーションを開発し、同シミュレーションを展開する一般社団法人日本ライフサイエンス教育振興協会の理事を務める。2019年、大学・研究機関へのスタートアップの知財支援に更に特化すべく特許業務法人 iPLAB Startupsに参画。

前田 充宏

Mitsuhiro Maeda

​経歴

一橋大学商学部経営学科卒。1996年、海運市況情報の提供会社(トランプデータサービス)にてシステム開発業務に従事。業界初のインターネットサービスを企画開発。1998年、ヘルスケアベンチャー会社の設立に参画し、主に開発業務を担当。2003年、ベンチャー企業と大手会社とのアライアンスにおける知財の重要性を認識し、特許事務所に勤務。国内・海外の権利化業務に従事。知財紛争時における技術支援や知財戦略コンサルティング業務なども行う。2015年、株式会社ライフビジネスウェザーに取締役として参加。営業統括としてセールス・マーケティング・サービス企画などを行う。2017年、同社代表取締役社長に就任。2018年、iPLAB Startups に参画。

​中山 彩

​中山 彩

Aya Nakayama

Aya Nakayama

​経歴

​経歴

東北大学農学部食糧化学科卒業、同大学院修了。海洋生物由来の細胞毒の単離・精製法の確立、構造解析、がん細胞等を用いた毒性評価の研究を行う。大学院修了後、海洋バイオテクノロジー研究所にて海洋由来有機化合物の大型分析装置による構造解析と装置の管理に従事。国立がんセンター研究所がん予防研究部にて、ダイオキシン類測定システムの構築。その後、都内特許事務所にて、自動車、燃料電池関連、電子部品、医療関連機器、食品をはじめとする幅広い技術分野を担当。

東北大学農学部食糧化学科卒業、同大学院修了。海洋生物由来の細胞毒の単離・精製法の確立、構造解析、がん細胞等を用いた毒性評価の研究を行う。大学院修了後、海洋バイオテクノロジー研究所にて海洋由来有機化合物の大型分析装置による構造解析と装置の管理に従事。国立がんセンター研究所がん予防研究部にて、ダイオキシン類測定システムの構築。その後、都内特許事務所にて、自動車、燃料電池関連、電子部品、医療関連機器、食品をはじめとする幅広い技術分野を担当。

(元特許庁審査官)

堀 拓也

​Takuya Hori

​経歴

北海道大学 工学部システム工学科卒業。2008年に特許庁に入庁後、特許審査官(補)として電気・情報系の審査(メモリ回路、メモリシステム、磁石、コイル、コンデンサ)に11年従事。その間、審査第一部調整課にて、採用・人材育成業務や六本木仮庁舎移転プロジェクトに携わり、2017年から1年間AustraliaのRoyal Melbourne Institute of Technology Universityに客員研究員として在学。2018年に帰国後、審査第四部電気機器の基本回路素子グループにてグループ長を務める。2019年スタートアップ企業への派遣研修を通じて、その世界に感化され、自らの知財知識や実務経験をスタートアップ業界に還元すべく、同年8月に特許庁退職。特許業務法人 iPLAB Startupsに参画。

角田 茉莉花

Marika Kakuta

​経歴

神田外語大学英米語学科卒業。大手自動車メーカー本田技研工業の販売店にてセールスサポートとして勤務。その後、大手チケット販売会社インバウンド事業部にて、英文事務として訪日外国人向けにチケットセールスを担当。2017年11月よりiPLAB Startupsの前身である事務所に事務として入所。現在、国内出願から国際出願まで、幅広く特許事務業務を担当。

​弁理士 

竹上 幸雄

Yukio Takegami

​経歴

​経歴

関西大学卒業後、1996年、株式会社天辻鋼球製作所にて開発設計や電気設備の管理に10年間従事、社内発明創出を牽引し特許出願件数を急増、Chief Telecommunications Engineer取得、社長賞受賞。その後、大手特許事務所、大手法律事務所、大手調査会社にて様々な業務を経験。

​ 

木村 衣那

Ena Kimura

​経歴

​経歴

埼玉大学教育学部学校教育教員養成課程教育心理カウンセリング専修卒業。中小IT企業に就職し、銀行システム設計に半年従事。その後、別派遣先にてSEとしてコンサル営業サポートに2年半従事。2019年10月よりiPLAB Startupsに特許事務として入所。