特許業務法人 iPLAB Startups

〒106-0032 東京都港区六本木7-3-16  六本木インターナショナルアネックス 301号室

最寄り駅: 

都営大江戸線  六本木駅 より徒歩10分

東京メトロ日比谷線 六本木駅 より徒歩5分
東京メトロ千代田線  乃木坂駅 3番出口より徒歩約3分

© 2018-2019 iPLAB

CIPO(最高知的財産責任者) 育成プログラム

スタートアップに特化した知財の経営人材を育てる

安倍政権は重点政策として生産性革命や働き方改革、人づくり革命などを推進しています。この動きと連動し、ますますテクノロジーが重要になり、データ駆動型社会になっていきます。各企業がこの動きに乗り遅れず、より前向きに取り組んでいくためには知財戦略や標準化戦略を担う人材が必要です。しかしながら、人材が足りていないというのが現状です。

 

また、X-iPLAB プログラムは多くのスタートアップやベンチャーに広く知財・特許管理に関するプロフェッショナルサービスを提供しています。しかし、この動きを拡大し、より深くスタートアップに知財の力を注入していくには、それを行う人材があまりにも足りていません。

 

そこで、スタートアップの知財戦略に精通している iPLAB メンバーが中心となり、そのための人材を育成することにしました。

 

それが CIPO育成プログラム です。

特許事務所で修業を積んだ後、ずっとベンチャー業界にいました。直近のFiNCでは社長の溝口さんと共に知財戦略を一から作りました。ベンチャー企業の中にどっぷり浸かっていたからこそ、起業家と同じ方向を向くことができるし、より事業に集中できるような環境を提供できると確信しています。

2002年の知的財産戦略大綱において、“知的所有権” という言葉が “知的財産権” という言葉に変わったことからも、財産として転々流通させる意図がみてとれますが、情報をオープン化し、知財を流通させることで、誰もがアクセスできるような “IPプラットフォーム” を構築して、新しいインフラを作っていきたいと思います。

中畑 稔 iPLAB 創業者

iPLAB の考える CIPO 像

iPLAB が考える CIPO とは「人間のアイデアを文書化して運用する」ことができる人のことです。特許知識、業務知識、実務能力、情報収集など様々なスキルを高いレベルで求められる立場です。しかし、iPLAB では組織の人々が考えたアイデアをすくい上げ、価値のある形で文書化し、効率的、効果的に利用できるように管理、運用できることを CIPO には求めています。

育成プログラムの内容

育成プログラムとして「社会人向けフェローシッププログラム」と「学生向けインターンシッププログラム」の2コース用意しています。

社会人向けフェローシッププログラム

CIPOとしてのキャリア構築に関心のある社会人が対象

学生向けインターンシッププログラム

知財分野でのキャリア構築に関心のある大学院生、大学生が対象

両コースとも、iPLAB の恵比寿キャンパスで、知財担当者としての実践型の研修に参加いただきます。

応募方法とその後の流れ

応募頂いた中から書類、面談を通してプログラム参加者を決定させていただきます。

応募に関しては現在準備中です。いましばらくお待ち下さい。